腕時計の輸入品の中には、正規輸入品と並行輸入品とがあります。

いつかは買いたい!ブランド時計

記事一覧
いつかは買いたい!ブランド時計

並行輸入品とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腕時計のブランドを見てみると、海外製のもので高級な商品が多い傾向があります。
そこで腕時計を購入するときに、輸入品にこだわっている人もいるのではないでしょうか?
輸入の方法ですが、正規輸入品と並行輸入品に分類ができます。
正規輸入品とは、メーカーから正規代理店を通して、正規販売店に流通していく方式を指します。
このような経路をたどって時計を販売することになると、購入できるお店はどうしても限定的になってしまいます。
一方並行輸入品は、そのブランドを製造している現地の業者が実際に買い付けをします。
その上で、商社などに売り渡されて、国内のお店に流れていく方式を取っています。
このため、販売経路は正規輸入品と比較して、バリエーションが豊富になります。
正規輸入品の場合、大きく定価から値引きされることはあまり期待できません。
しかし並行輸入品の場合、販売チャンネルがたくさんありますので、同じ商品でも値引きされた状態で販売される可能性が高くなります。
店の間の競争が激しいので、ある程度低価格で販売しないと売れなくなってしまうからです。
このため、正規輸入品と比較すると、同じ商品でもかなり安い価格で並行輸入品の場合購入することができるわけです。
しかも流通経路が違うだけで、商品の品質に関して全く差はありません。
正規輸入品の場合、なかなか購入できないような価格のブランド物の腕時計でも、並行輸入品であれば購入できるような価格設定になることもあります。
しかしもしも時計のメンテナンスをはじめとして、アフターケアをする場合、並行輸入品よりも正規輸入品の方がメリットもあります。
正規輸入品の場合、正規販売店でメンテナンスをすることが可能です。
並行輸入品で購入した時計の場合、正規輸入品を取り扱っているお店ではサービスしてくれない可能性があります。
もしサービス対応しているとしても、正規輸入品の方が優遇されてしまう傾向があることも頭の中に入れておきましょう。
しかし腕時計は実際に購入経験のある人はお分かりかと思いますが、なかなか故障することは少ないです。
長持ちするので、並行輸入品であっても表立ったトラブルが起きる可能性は低いとも言えます。
ましてや有名ブランドの腕時計の場合、精巧な作りをしているものが多いです。
よって、並行輸入品で購入したとしても、それほどマイナスに感じられるような場面は少ないのではないでしょうか?
商品の質に変わりはないので、並行輸入品の腕時計を購入することも検討しましょう。

Copyright (C)2016いつかは買いたい!ブランド時計.All rights reserved.